建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者茨城県阿見町
見出し阿見町が道の駅実施設計の方針案を発表  
掲載 2017年9月13日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 阿見町道の駅整備推進室はこのほど、道の駅の実施設計方針案を発表した。指定管理予定者の㈱ファーマーズ・フォレスト(栃木県宇都宮市)と協議して取りまとめたもので、基本設計時との主な変更箇所は、管理・コミュニティ棟を廃止し、農産物販売所と物産販売所を統合していることや、敷地南側に緑地公園を整備し、大階段でアクセス可能にする点。さらに駐車場は114台から198台に増やしている。
 (仮称)阿見町道の駅は、追原地内の国道125号バイパスと県道竜ケ崎阿見線バイパスの交差点付近に計画。敷地面積は約2万5800㎡。
 総事業費は約18億2000万円で、内訳は委託費1億4000万円、造成費7億2000万円、建築費9億6000万円。
 主要施設はトイレ・情報棟(296・4㎡)、物販棟(972㎡)、飲食棟(486㎡)で、飲食棟と物販棟の間には「トオリニワ」(405㎡)と呼ばれる屋外空間をつくる。そのうち270㎡は膜構造の屋根を設置する。
 当初計画していた管理・コミュニティ棟は、地域住民のニーズ調査をした上で廃止した。
 トオリニワの南側には大階段を整備し、緑地公園へのアクセス路とする。公園には簡易的な遊具や東屋を置く予定。
 駐車場は調整池を地下式とすることで台数を増加。小型車182台、身障者4台、大型車12台の合計198台とする。
 現在は㈱オリエンタルコンサルタンツ関東支店茨城事務所(つくば市)が実施設計を策定しているほか、町が用地買収を推進中。9月中にも埋蔵文化財の調査業務が発注となる。
 来年度に造成工事、2019年度に建築工事に入り、20年7月のオープンを目指している。

【①鳥瞰パース②平面図】

ページトップ