建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他
見出し鬼怒川激特で築堤15億/関東整備局補正予算県内の直轄事業計画  
掲載 2018年2月10日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 関東地方整備局は、2017年度補正予算における直轄事業計画の茨城県分と県負担分について県に通知した。県内の事業費(負担基本額)は61億1616万3000円で、ほとんどが工事費。そのうち東関東自動車道水戸線(潮来~鉾田)は10億5000万円を配分し、行方地区改良工事などを計画。河川では、鬼怒川河川激甚災害対策特別緊急事業で下流部築堤工事(L2980m)などに15億円。
 関東整備局が県に通知した補正予算の県内直轄事業計画などは次のとおり。
 【東関東自動車道水戸線(潮来~鉾田)】
 工事費10億5000万円を配分。潮来地区など改良工事を予定する。発注計画では、行方地区改良工事をその1からその4まで発注するほか、潮来地区改良工事を発注する。発注規模はそれぞれ1億円から2億円未満。
 【国道4号】
 春日部古河バイパスに3億円。幸主跨道橋上部工事(五霞町)に充当する。発注計画では、新4号幸主跨道橋上部工事(桁製作工約90t、鋼橋架設工約90t、支承工約6基など)を予定する。
 【国道6号牛久土浦バイパス】
 工事費3億円を配分し、牛久地区改良工事を推進する。発注計画では、地盤改良その4工事(固結工1万8000立方m)を予定。
 【国道51号潮来バイパス】
 小泉南地区改良工事に5000万円。
 【国道4号電線共同溝】
 本体工事に1億2500万円。発注計画では、古河大堤電線共同溝(その3)工事(約300mなど)を予定している。
 【利根川下流河川改修】
 矢田部地区築堤(L120m)などの工事に7300万円。発注計画では、仲新田築堤工事(L140m、盛土約1万立方m)を予定する。
 【常陸利根川河川改修】
 下田地区波浪対策(L880m)などの工事に2億7800万円。
 【那珂川河川改修】
 大野地区築堤(L250m)などの工事に3億1000万円。発注計画では、戸多地区環境整備工事(不陸整正工約4万5000㎡、低水護岸工L130mなど)、圷大野地先築堤他工事(築堤約1万3000立方m、伐木除根工約4万7000㎡など)を計画している。
 【久慈川河川改修】
 堅磐地区河道掘削(V1万6000立方m)などの工事に2億円。発注計画によると、堅磐地先河道掘削工事(掘削工約3万5000立方m)を18年度第1四半期に発注する。
 【鬼怒川河川激甚災害対策特別緊急事業】
 下流部築堤工事(L2980m)などに工事費15億円を配分。発注計画によると、右岸蔵持築堤(L約660m、盛土約3万2000立方m)、右岸別府下流築堤(L300m、盛土約1万1000立方m)、右岸花島町築堤(L600m、盛土約3300立方m)を年度内から18年度第1四半期に順次、発注する。
 【常陸那珂港地区国際物流ターミナル整備事業・中央ふ頭地区】
 工事費に19億200万円。内訳は、基礎工1万6000立方m、ケーソン製作・進水・仮置き8函、ケーソン据付11函、裏込工2万4500立方m。
 発注計画によると、岸壁(水深12m)本体工事を18年度第1四半期に入札を行って発注する。工事概要はケーソン製作(1888t5函、1944t1函、1829t2函)。

ページトップ