建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県土木部
見出し逆転割合最も低い15%17年総合評価試行結果  
掲載 2018年5月15日新潟建設新聞  
本文

 県土木部が2016年度に実施した総合評価の試行結果では、最安値業者以外が落札した逆転の割合は15・4%で近年では最も低かった。また加算点、価格点ともに1位の業者が落札した割合が上昇しており、価格と技術の両方が求められる傾向が強い。
 17年度は、交通政策局分を含め117件の工事で総合評価方式を試行しており16年度と比べ30件の減少。加算点1位の業者が落札する割合は80件、68・4%で3・1ポイント上昇。技術評価点1位以外の者が最安値で落札した業者の割合は35件、29・9%で2・1ポイント減少した。加算点と価格評価点ともに1位の業者が落札した割合は64件、54・7%と9・1ポイント上昇している。
 工事成績の平均点(速報値)は84・8点で、総合評価以外の工事と比べ4・3点高く、16年度との比較では総合評価とそれ以外の工事の点差が広がった。
 総合評価方式の平均落札率は93・9%で16年度から0・6ポイント増でほぼ前年並み。

ページトップ