建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者山梨県新環状道路建設事務所
見出し橋梁工などを推進 新環状道路建設事務所の事業概要  
掲載 2018年5月17日山梨建設新聞  
本文

 県新環状道路建設事務所(中村慎吾所長)は2018年度の事業概要をまとめた。13年度に事業着手した新山梨環状道路(東部区間Ⅰ期)および14年度に事業化した同Ⅱ期を主要事業に掲げた。
【新山梨環状道路東部区間:甲府市西下条町~笛吹市石和町】
 東部区間約7㎞のうち、既に供用している南部区間の延伸を図る甲府市西下条町~同落合町間1・6㎞を東部区間Ⅰ期として13年度に事業化。本年度は蛭沢川を渡る橋梁工事の完成を図るとともに、中央自動車道下を潜る函渠工事に本格的に着手する。その他盛土工事なども展開していく。
 その先の5.5km(甲府市落合町~笛吹市石和町間)についても14年度に東部区間Ⅱ期として事業化。今年度は、地元の意見を踏まえながら、道路設計を進め、速やかに用地取得に着手できるよう、地元との合意形成等を積極的に進めていく。また、昨年度から着手している濁川・平等川を渡る橋梁の下部工事を引続き進めていく。
【西関東連絡道路(甲府山梨道路Ⅱ期):山梨市万力~東】
 西関東連絡道路については本年3月21日、八幡南ランプから岩手ランプ間が開通し、甲府山梨道路(全長9・3km=1997年度に事業着手)が全線でつながることとなり、並行する国道140号の渋滞緩和や事故減少などが期待される。
【地域高規格道路の管理】
 新山梨環状道路および西関東連絡道路は山梨県で最初の地域高規格道路であり、自動車専用道路となっていることからより高度な管理が求められている。当事務所では一元的な管理体制および24時間の監視体制の下、新山梨環状道路および西関東連絡道路等の管理を行っている。

【写真①上部工架設中の蛭沢川橋梁(仮称)②濁川、平等川を渡る橋梁の下部工事③国道140号に接続された西関東連絡道路岩手ランプ付近】

ページトップ