建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他
見出し本県から優良工事9件など/関東整備局長表彰  
掲載 2018年7月12日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 国土交通省関東地方整備局は11日、2017年度の優良工事、優良業務、優秀技術者などの局長表彰式を開催した。茨城県関係の受賞者は、優良工事9社、優秀工事技術者7人、安全管理優良受注者表彰16社。業務関係は、優良業務・技術者表彰を9社10人。工事成績優秀企業では5社が認定された。表彰式では泊宏局長が表彰状を授与。受賞者は総合評価方式などで企業の技術力評価が優位になる。

 局長表彰は、17年度に完成した工事や業務の中で、本局および管内51事務所から推薦された河川、道路、営繕、港湾・空港の工事および業務の中から、優良工事等選定委員会(港湾空港関係は表彰審査委員会)において審査し、特に優れた成績を収め、安全対策が優れ創意工夫が見られた工事や業務、技術者などを称えるもの。
 工事関係では、対象1180件のうち優良工事47件(42社)、優秀工事技術者44人が受賞。そのうち6社6人はICT活用工事で表彰された。また、安全管理に優れた受注者を称える安全管理優良受注者表彰に98社(アスファルト9社、一般土木89社)が輝いた。
 業務関係では、対象1541件のうち優良業務49件(35社)、優秀技術者50人が受賞した。
 工事成績優秀企業認定では、平均点が80点以上の22社が表彰された。
    ◇
 局長表彰式では、18年度工事成績優秀企業の認定式も行われた。認定対象企業は22社で、茨城県企業では㈱横河住金ブリッジ(神栖市)が平均点81点で、高橋建設㈱(行方市)、東康建設工業㈱(東海村)、日東エンジニアリング㈱(土浦市)、㈱波崎建設(神栖市)が平均点80点で選ばれた。
 この認定は、関東整備局(港湾空港部を除く)において過去2カ年度(16年度、17年度)に完成した土木工事(3件以上)の工事成績評定点の平均点を算出し、平均点が80点以上で、認定企業としてふさわしい企業を選定したもの。工事成績評定の透明性の確保と民間事業者の技術力向上を図るために実施している。
 認定された企業は、受注した工事について発注者が行う中間技術検査を省略できるほか、総合評価方式で企業の評価が優位になる。
 式典では局長から認定書が授与された。

【表=茨城県関係の受賞者】

記事資料
ページトップ