建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者山梨県
見出し林道や耕地、土木施設は県単で災害復旧に約17億 県の12月補正案  
掲載 2018年11月27日山梨建設新聞  
本文

 県は一般会計に総額28億3216万2000円を追加する補正予算案を26日、知事記者会見の場で発表した。本年の台風21および24号などで被災した復旧に対しては、ビニールハウスなど農業用施設への支援を除いた災害復旧費は16億9395万円に及び、内訳は公共事業9億9788万2000円、県単6億9606万8000円となっている。
 林道災害、耕地災害および県単の土木施設災害ではそれぞれ1億6019万6000円、1億円、2億円の既定予算額があるものの、県内を襲った台風などによる被害までは対応できないとして、今回予算追加を行っている。
 7月豪雨による山腹崩壊などに対応するための治山ダム整備を主として盛った復旧治山費は3億4440万円としている。9月の台風24号で損壊した林道復旧費は7616万1000円で、台風21号による被害も加えた耕地災害復旧には5億7732万1000円を充てる。
 小規模災害に充当する県単による土木施設災害復旧費は6億9606万8000円で、損壊した土木施設復旧に対応する。
 なお一般会計以外の予算案では、4億9404万1000円を追加計上した恩賜県有財産特別会計、繰越明許を設定した流域下水道事業特別会計など3会計が諮られ、子どもの心のケアに係る総合拠点1工区ならびに同2工区、および峡南地域単位制・総合制高校の各建設工事の契約締結案件をはじめ指定管理者の指定の件32件、条例案7件などが議案に挙がっている。
 この日に招集告示を行った12月定例県議会は12月3日に開会する。
 関連する主な歳出内容は次号に掲載。

ページトップ