建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者山梨県中北建設事務所
見出し県中北建設19年度主要事業 早川・芦安連絡道で盛土工継続  
掲載 2019年5月14日山梨建設新聞  
本文

 県中北建設事務所(長田泉所長)は2019年度の主要事業をまとめた。道路関係では(仮称)早川・芦安連絡道路や甲府昇仙峡線・長潭橋整備などを行う。
 都市計画では甲府城南側エリアの広場ゾーン整備を計画。田富町敷島線関連では用地買収を進める。
 一方、公園関係では小瀬スポーツ公園内の陸上競技場、武道館、球技場、水泳場の改修を実施する。

 19年度の主要事業は次のとおり。

 ■道路関係

 【(主)甲斐早川線 (仮称)早川・芦安連絡道路】
 同線は早川町奈良田地区と南アルプス市芦安地区を結ぶ。両地区は林道などでつながれているが、夏はマイカー規制冬は冬期閉鎖と長期間の通行制限がある。また、崩落などにより、通行止めとなっている。
 この連絡道路の整備により、通年での観光を目指すとともに災害時の孤立化の解消など安全安心面についても大きな整備効果が期待されることから、14年度に事業着手した。
 早川側の工事用道路や堰堤工事を進めており、今年度も引き続き、早川側の盛土工事を実施していく。
 ◆区間=南アルプス市芦安~早川町奈良田
 ◆整備内容=L約4km、W5・5(7・0)m
 ◆主要構造物=トンネル工、早川渡河橋梁

 【(主)甲府昇仙峡線・長潭橋】
 同橋は、大正14年10月に架橋された橋長34・6m、幅員4・6mのコンクリートアーチ橋である。山梨県有数の観光地である昇仙峡の玄関口に位置するが、老朽化の進行や幅員不足に対して対策が必要となり、12年度に事業着手した。
 16年度に左岸側の橋梁下部工事に着手し、本年度も引き続き橋梁下部工事を実施する。
 ◆区間=甲斐市吉沢~甲府市平瀬町
 ◆整備延長=L348m(橋梁部50m)、W=5・5(11・0)m

 【(主)甲斐早川線・古屋敷橋架け替え】
 甲斐早川線は、南アルプス市芦安の住民にとって唯一の生活道路であるとともに、第二次緊急輸送道路に指定されている。古屋敷橋付近は、道路線形が悪く大型車のすれ違いが困難な状況であり、交通の隘路となっている。古屋敷橋は1960年に架設され50年以上が経過し老朽化も著しいため、2011年度から橋梁架け替えを含めた道路改良事業を進めている。
 これまでに右岸側の法面工事と橋台工事を実施済み。本年度は、引き続き橋梁工事を進めていく。
 ◆場所=南アルプス市芦安芦倉
 ◆整備延長=L=250m(橋梁部62m)、W=5・5(9・25)m

 【(一)中下条甲府線・長松寺橋】
 同線は甲斐市(旧敷島町)を起点に甲府市中心部に至る一般県道。橋付近は道路線形が悪く歩道も狭く片側にしかないため、交通の隘路となっている。橋梁も老朽化し十分な耐震性能を有せず、道路改良と橋梁架け替えを実施するため11年度に事業着手した。
 これまでに右岸および左岸の道路改良を実施。本年度は、昨年度に発注した仮橋工事を引き続き進めていく。
 ◆区間=甲府市下飯田~飯田
 ◆整備延長=L460m(橋梁部92m)、W8・5(11・0)m

 【(主)甲府韮崎線外 電線類地中化事業】
 1986年度から6期にわたる「電線類地中化計画」に基づき進めており、現在は第7期無電柱化推進計画に基づき地中化を推進している。
 本年度の整備予定箇所は2路線2カ所で整備予定延長はL約300m

 【橋梁耐震補強事業】
 「山梨橋梁長寿命化計画」に基づき事業を進めており、跨線橋・跨道橋や緊急輸送道路上橋梁の整備を優先的に推進。
 本年度は信玄橋ほか5橋について事業を実施する予定。

 ■河川・砂防関係

 【鎌田川河川改修】
 鎌田川流域は近年の開発により雨水流出量が増加し、浸水被害が頻発するなど治水安全度が低下しているため、1990年度から基幹河川改修事業により改修を進めている。また上流部の甲府市部分についても、昨年度から広域連携河川改修事業により改修に着手した。
 本年度は河道掘削と護岸工事を進める。
 ◆全体計画区間=笛吹川合流点~中央道立体交差部
 ◇延長=L6900m
 ◇主要構造物=護岸、築堤、JR身延線橋梁および道路橋、東花輪川樋門1基

 【濁川河川改修】
 (都)和戸町竜王線の一部区間で街路事業と連携し河川整備を進め、濁川流域の浸水被害の軽減を図る。
 本年度は用地買収を進める。
 ◆全体計画(基幹河川改修事業)
 ◇区間=城東四丁目省路橋~相生交差点
 ◇延長=L1640m
 ◇主要構造物:バイパス水路、道路橋2橋

 【御勅使川砂防】
 上流域の荒廃により土砂の流出が著しく、度重なる出水により床固工の摩耗・欠損が顕著となっている。このままの状態を放置すると、河床の低下、土砂流出が危惧されるため、早急に修繕を行うことにした。これまでの事業により床固工修繕工6基が完了。
 本年度は床固修繕工1基を整備する。 
 ◆全体計画=(緊急改築)・御勅使川床固工修繕工事
 ◇工事場所=南アルプス市有野地内
 ◇主要構造物=床固修繕工14基

 【塩沢川砂防】
 土砂災害特別警戒区域に指定されるなど、上流域の荒廃により土砂の流出の恐れがあり、下流域の人家等を保全するため、14年度から砂防堰堤の整備を進めている。
 ◆全体計画=通常砂防事業・塩沢川砂防工事
 ◆工事場所=南アルプス市曲輪田
  主要構造物:砂防堰堤1基(H9・5m、L48・0m)
  R1事業概要 砂防堰堤1基(H6・5m)

 ■都市計画関係

 【甲府駅南口周辺地域の再整備】
 地域の特徴を活かした山梨らしさを感じられる景観づくりを目指した空間整備を図ることで、まちの魅力を高め、回遊性の高い、歩いて楽しい街を実現し、地域の活性化につながることを目指す。
・県と甲府市による共同事業で実施する。
 ◆事業コンセプト
 [平和通り]
 風格と賑わいの感じられる緑豊かな開放的な空間づくり。
 《リニューアルの考え方》
 ・アーケードの撤去など(歩道のリニューアル)
 ・歩道上のけやきおよび中央分離帯
 ・自転車通行空間
 ・老朽化した道路施設などの撤去・改善
 [甲府城南側エリア]
 《整備の考え方》
 ・県庁敷地と一体となった開放的な広場の整備
 ・歴史文化関連施設の整備
 ・飲食物販施設等の整備
 ・散策路や歩行者優先道路の整備
 ・観光バス乗降場、駐車場の整備
 ・お城と調和した緑豊かな空間の整備
 ◇事業概要=広場ゾーン、歴史文化ゾーン、飲食物販ゾーン、大型バス駐車場・乗降場
 ◆事業区分(県)
 ・平和通り整備
 ・甲府城南側エリアの広場ゾーン(都市公園)
 ◆甲府市
 ・甲府城南側エリアの歴史文化ゾーン、飲食物販ゾーン、大型バス駐車場・乗降場

 [甲府城南側周辺計画]
 甲府市中心街の活性化につなげることを目指し、公共施設跡地を活用した整備を進める。県は県民会館跡地周辺について、既存舞鶴城公園を拡張し都市公園として整備。本年度は広場ゾーンの計画検討を進める。

 【田富町敷島線(富竹Ⅰ期工区)】
 甲府都市計画区域の西部を縦貫する当路線のうち、国道52号から国道20号までを結ぶ区間の整備を進める。
 ◆延長幅員=L550m、W17~23m
 ◆本年度の事業概要=道路改良工事や用地買収など
 
 【田富町敷島線(富竹Ⅱ期工区)】
 甲府都市計画区域の西部を縦貫する当路線のうち、国道20号から篠原土地区画整理北端までを結ぶ区間の整備を進める。
 ◆延長幅員=L842m、W17m
 ◆本年度の事業概要=用地買収

 【田富町敷島線(仲新居工区)】
 甲府都市計画区域の西部を縦貫する当路線のうち、篠原土地区画整理南端から玉幡小東交差点までを結ぶ区間の整備を進める。
 ◆延長幅員=L445m、W16m
 ◆本年度の事業概要=用地買収 

 【和戸町竜王線(城東工区、中央5丁目工区)】
 甲府都市圏のネットワークを形成し、アクセス性の向上を図る。城東工区については、濁川の河川改修事業と連携して事業を進める。17年度より本格的に用地買収に着手。
 ◆延長幅員=L610m、W=22m
 ◆本年度の事業概要=用地買収など

 ■公園長寿命化計画による施設維持保全改修

 県内の主な県営都市公園では09年度から公園施設長寿命化計画に取組み、14年度に長寿命化計画を統合し、全県的な基本方針を策定した。

 【小瀬スポーツ公園】
 長寿命化対象施設(体育館・陸上競技場・野球場・武道館・アイスアリーナ・テニスコート・屋外便所・舗装・照明設備・ベンチ・階段など)738施設。
 ◆本年度の工事概要=陸上競技場、武道館、球技場、水泳場の改修

 【曽根丘陵公園】
 長寿命化対象施設(研修センター・野外ステージ・屋外便所・舗装など)576施設。◆本年度の工事概要=園路施設の改修

 【緑ヶ丘スポーツ公園】 長寿命化対象施設(体育館・スポーツ会館・屋外便所・駐輪場・舗装など)299施設
 
 【舞鶴城公園】
 長寿命化対象施設(石垣・屋外便所・管理事務所・四阿・柵・水質浄化施設など)89施設
 ◆本年度の工事概要=木柵の改修

 【御勅使南公園】
 長寿命化対象施設(管理事務所・屋外便所・シェルター・パーゴラ・遊具・舗装など)690施設
 ◆本年度の工事概要=徒渉池、パーゴラ、階段、トイレの改修

【写真=長田所長】

【写真=鎌田川万年橋(豊積橋)下流】

【写真=長松寺橋は仮橋工が進む】

【写真=用地買収が進む田富町敷島線(富竹Ⅰ期工区)】

ページトップ