建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)日本造園建設業協会
見出し松本で花と緑のつどい  
掲載 2019年6月1日長野建設新聞  
本文

日本造園建設業協会(和田新也会長)は29日、松本市内のホテルブエナビスタで「花と緑のつどい」を開催した。当日は阿部知事や菅谷松本市長、宮澤安曇野市長ら多数の来賓が招かれ、盛大に行われた。
全国都市緑化信州フェアが、松本広域平公園を主会場に行われていることから、これにあわせて松本で開催されたもの。和田会長は「きょうは北は北海道から南は沖縄まで、会員がここ信州に集い、さまざま課題について意見交換を行った。あすは信州フェア会場を視察する。この機会にフェアを通じ多くのことを学びとっていただき今後に生かしてほしい」と期待。来賓として出席した阿部知事は協会の活動に敬意と感謝を表すとともに全国都市緑化信州フェアの来場者が「大変盛況で50万人を超えることを目標にやってきたが、おかげさまで50万人を突破した」と報告。続けて「長野はまちの外に緑は多いが、まちの中はまだまだ少ない」とし、これからさらに充実させていきたいと述べた。

ページトップ