建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省関東地方整備局(建設)
見出し関東整備局がまちづくり・すまいづくりフォーラム  
掲載 2019年6月12日埼玉建設新聞  
本文

 関東地方整備局は10日、さいたま新都心合同庁舎1号館2階講堂で、まちづくり・すまいづくりフォーラム2019を開催した。地方公共団体職員、まちづくり・すまいづくりに携わる民間企業従業員など約450人が集まった。
 冒頭、石原康弘局長は「少子高齢化、人口減少社会を踏まえて、まちづくり・すまいづくりに関してコンパクト+ネットワークづくりのまちづくりや高齢者にやさしい住まいづくりなど自治体の皆さまとの連携・協働により取り組んでいきたい。またご参集の皆さまのネットワークづくりの場となることも期待している」とあいさつした。
 フォーラムに入り竹歳誠都市計画協会長が『都市計画法制定100周年を迎えて』をテーマとした記念講演を行った。また特別講演として、増田寛也東京大学公共政策大学院客員教授が『縮小時代における地域経営について』、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻の大月敏雄教授は『町の持続力を考える』をテーマとして展開した。
 さらに『人口減少・少子高齢時代におけるまちづくり』をテーマとして埼玉県和光市の松本武洋市長、千葉県流山市の井崎義治市長、群馬県館林市の須藤和臣市長、神奈川県小田原市の加藤憲一市長がそれぞれ持ち時間約20分で発表した。松本市長は和光市駅の再開発事業、井崎市長は生活環境向上への取り組み、須藤市長はイベント開催による魅力的なまちづくり、加藤市長はコンパクトシティ形成などについて説明を行った。

【写真=約450人が集まった】

ページトップ