建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省
見出し【表彰】官庁営繕部優良工事で中電工の栄誉たたえる  
掲載 2019年7月17日本社配信  
本文

 国土交通省大臣官房官庁営繕部の2019年度優良工事等表彰式が16日に開かれ、「中央合同庁舎第3号館改修(17)電気設備工事」を施工した中電工東京本部が栄誉に輝いた。
 受賞工事は、中央省庁の建物である3号館の重要性を認識した上で、各室の調査において施工段階での館内への影響を検証し、業務等に支障が無いよう施設管理者との調整を十分に行い、機密情報を扱うことにも配慮した現場管理を実践した。施工に当たっては会社組織として現場をバックアップするとともに、管理官署に配慮して女子トイレや女子更衣室などの作業を女性技術者・技能者で行うなど、工事現場の女性活躍推進につながったことも高く評価された。
 住田浩典部長は受賞者の栄誉をたたえた上で、引き続き官庁営繕事業への協力を要請しながら「受賞を契機に建設業界のさらなる発展のため、若手技術者を育成し、また他の事業者の模範となるよう、ますますの尽力を」と今後の活躍に期待を寄せた。
 中電工東京本部常務執行役員本部長の中村隆一氏は「表彰を賜りましたことは、弊社はもとより業務に関わった関係社員にとりましても最高の喜びであり、誇りです。この優良工事表彰を糧に社会に貢献できる企業として、さらに精進しますことをお誓い申し上げる」と御礼の言葉を述べた。

【写真=住田部長と一緒に受賞者が記念撮影】

ページトップ