建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者茨城県常陸太田市
見出し常陸太田市の水府地区小中一貫校整備事業/9月ごろ外構工事を発注/屋内運動場は20年度着工  
掲載 2019年7月25日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 常陸太田市教育総務課は、水府地区の小中一貫校整備事業を進めている。2019年度は発注済みの校舎建築工事を推進しながら、校舎周辺の外構工事を9月ごろに、既存校舎の解体工事を新校舎完成後の20年1月ごろに発注する。屋内運動場棟は本年度中に設計をまとめて、20年度に着工する。旧屋内運動場の解体は21年度に実施予定で、解体工事完了後に跡地をグラウンドへ整備していく。
 この事業は水府地区に立地する水府小学校、山田小学校、水府中学校を統合して施設一体型の小中一貫校を建設するもの。少子化による児童生徒の減少へ対応するとともに、老朽化が著しい既存施設を更新し、学習環境の改善も図る。建設地は水府中学校の敷地内(町田町696)。
 本年度にこれから発注する事業としては、まず中庭など校舎周りの外構を9月ごろに一般競争入札で発注する予定。予算額は6500万円。
 既存校舎(RC造3階建て、延べ3254㎡)の解体工事は、新校舎が完成して引っ越しが完了後に着手する。予定工期が約6カ月であることから、工事は20年度までかかる見通し。そのため19年度予算では事業費3040万円のほか、4560万円を限度額とする債務負担行為(19~20年度)も設定した。
 また新屋内運動場棟は新校舎の北西部に建設する予定。設計業務は校舎と同様に㈱岡田新一設計事務所(東京都文京区)と㈱柴建築設計事務所(水戸市)のJVへ委託した。
 新屋内運動場棟の具体的な規模は、既存屋内運動場(1422㎡)と同程度を見込んでいる。しかしトイレについては現在の施設よりも広いスペースを確保する予定で、その分施設規模も既存よりやや大きくなる可能性があるとのこと。
 なお新校舎の規模はW造(一部RC造)2階建て、延べ4733・88㎡。普通教室棟・管理棟と特別教室棟、ふれあい棟で構成されている。主要室は普通教室(9室)、特別支援教室(2室)、特別教室、校長室、職員室、保健室、多目的ホールなど。
 建築工事はりんかい日産建設㈱(東京都港区)・㈱小池住建(常陸太田市)JVが、機械設備工事は野内商事㈱(常陸太田市)が、電気設備工事は根本電興㈱(同市)が担当。完成は12月を予定する。

ページトップ