建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県新潟市
見出し日本初のしゃべるマンホールを新潟駅前に設置  
掲載 2019年8月6日新潟建設新聞  
本文

 新潟市下水道部は、日本初となるしゃべるマンホールを新潟駅南口と万代口駅前広場に設置した。新潟を盛り上げるとともに下水道に親しみを持ってもらうため、日之出水道機器、ウエタックスとともに新潟市下水道部の若手職員を中心とした水玉クラブが協同で開発。マンホール蓋に人感センサーを設置し、上を通過するとアルビレックス新潟の選手の声が流れるしくみ。
 社会実験として今月30日までの期間で設置され、耐久性、まちづくりへの活用や情報発信、集客への効果を検証する。音声は午前9時~午後9時に流れる。
 日之出水道機器のマンホールにウエタックスの水中スピーカー技術を応用しており、雨による浸水にも対応する。デザインはアルビレックス新潟が担当し、開港150周年に合わせてJI昇格を目指すアルビレックス新潟を想像させる北前船が描かれている。
 今回設置されたマンホールは試作品で電池の交換が必要だが、今後は太陽光発電や下水道水流を活用した水力発電など、さらなる改良も視野に入れる。また音声が流れるマンホールとして広告媒体への活用や安全啓発、情報発信など、新潟発の新技術で全国への展開が期待される。

【写真=無口な県民性だがマンホールはしゃべちょこき】

ページトップ