建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(公共)
見出し北陸ブロック発注協議会県部会で秋の統一現場閉所提案  
掲載 2019年8月10日新潟建設新聞  
本文

 北陸ブロック発注者協議会の新潟県部会の会合が8日、新潟市内で開かれ、ゴールデンウイークに続く、秋の統一的な現場閉所への取り組みが説明された。9月~11月には土日を含めた3連休が4回あり、この期間を踏まえた現場閉所の統一日を検討している。具体的な日程等については北陸地方整備局や親会である北陸ブロック発注者協議会などでさらに協議を進め、実行に移す見通し。
 そのほか6月に公布施行された改正品確法や全国統一指標である適切な予定価格、設計変更、施工時期の平準化の取り組み状況、11月に展開する発注関係事務相談キャラバンなどについて確認した。
 全国統一指標における2018年度の県内自治体での取り組み状況は、97%が最新の積算基準を適用しているほか、施工時期の平準化や適切な設計変更にも、ほとんどの自治体が取り組んでいる。
 発注関係事務相談キャラバンは11月に9市町村を対象に展開し、本年度で全ての市町村が一巡する。また18年度に続き各地域整備部と管内市町村が意見交換を行う発注者協議会の地域版となる市町村との連絡調整会議の開催も進めていることを明らかにした。北陸ブロック発注者協議会の取り組みの周知と市町村の現状や課題の把握に加えて、本年度は改正品確法もテーマに意見交換を行う。

【写真=本年度の取り組みを確認】

ページトップ