建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者千葉県県土整備部
見出し竹江に基本設計委託/県県土整備部住宅課/金ケ作県営住宅2期/5階建て54戸を整備  
掲載 2019年8月23日日刊建設タイムズ  
本文

 県県土整備部住宅課は8日に「金ケ作県営住宅第2期基本設計業務委託(平成31年度)」の簡易公募型指名競争入札を開札した。入札には8者が参加し、竹江設計事務所(鎌ケ谷市西佐津間1―18―1)が予定価格1157万5000円に対して1098万円で落札した。調査基準価格は887万6000円(いずれも消費税抜き)だった。履行期限は2020年1月31日。
 松戸市金ケ作地先の県営住宅用地に公営住宅54戸を整備するため、集会所や駐輪場など付帯施設を含めた新築に係る基本設計を委託するもの。
 同住宅の建設場所は、10年度に新設住宅用地として取得した松戸市金ケ作字小作台222―1地先の一部。敷地面積は5990・82㎡。用途地域は市街化調整区域。共同住宅54戸と集会所、駐輪場など。共同住宅はRC造5階建て延べ約3000㎡。集会所はRC造平屋建て延べ約100㎡の計画。建築工事のほか、外構工事、給排水設備工事、雨水排水設備工事(雨水貯留槽を含む)、ガス設備工事、電気供給設備工事などを予定。工事の実施時期は未定。
 基本設計委託に先駆けて、昨年度、設計条件等を整理するための「金ケ作県営住宅第2期条件整理業務」をランドブレイン(東京都千代田区平河町1―2―10)が担当した。
 同住宅は1期と2期合わせて約190戸を整備する計画で、1期136戸を09~10年度の2か年で整備した。1期の建物規模はRC造5階建て2棟延べ約8152㎡(1号棟延べ4649㎡、2号棟延べ3503㎡)。戸数は1号棟79戸、2号棟57戸。設計は鈴木建築設計事務所(松戸市南花島1―5―11)が担当。建築は鎌形・鵜沢JV。電気設備はE&Eシステム。衛生設備は早見設備が施工した。
 県営住宅の整備はこのほか、本年度に鎌ケ谷市の佐津間県営住宅第1期建築工事に着工する。
 同住宅の建設場所は同市佐津間字火焼田222―9地先。敷地面積は9920・15㎡。用途地域は市街化調整区域(建ぺい率60%、容積率200%)。建物規模はRC造3階建て(最高高さ10m)延べ1865・31㎡。戸数は29戸を予定。
 実施設計は千葉土屋建築研究所(千葉市美浜区中瀬1―6)が担当。
 工事は建築、衛生設備、電気設備の3件分離で発注。建築を第3四半期、設備を第4四半期に公告する予定。

ページトップ