建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県芳賀農業振興事務所
見出し芳賀農振、稲毛田地区、来年度着工目指す、梨団地含む21ha、総事業費3.5億  
掲載 2019年8月29日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 県芳賀農業振興事務所は、稲毛田地区(芳賀町)の農地整備事業の計画を今年度に策定し、来年度にも一部工事に着手する考えを示した。畑地を対象とした事業で区画整理を行う面積は21・5ha。パイプライン用水路や道路、排水路などを整備。区域内に点在する梨園を集約し、約7haの梨団地を形成する計画。事業期間は2020年度から23年度、概算の総事業費は3億5000万円を見込んでいる。
 区域は旧稲毛田小学校南側。区画が不整形で農作業に必要な道路も不十分な圃場が広がっている。南側は一般県道芳賀茂木線に接している。関係土地改良区は芳賀町土地改良区。受益農家戸数は54戸。
 現時点で基盤整備の計画事業量は50㌃を標準区画とする圃整工を実施。道路工は2・2㎞、パイプライン用水路工2・2㎞、排水路工は0・9㎞を計画。用水は地下水を利用し、揚水機2基の設置を予定している。
 担い手への農地集積を促進し、受益者の費用負担が発生しない農地中間管理機構関連農地整備事業の導入を想定。個別経営体の担い手10人と農業生産法人1団体によって農地集積率80%以上を目指す。
 梨団地は区域の南東側に整備。新たに5・2haを植え付けるなど農地整備事業の実施を契機に高収益作物の作付けを拡大する計画。梨棚資材や草刈機の購入に産地パワーアップなどの関連事業の活用を検討。梨関連の基盤整備工事は来年度にも実施することを想定し、国への事業採択申請などの準備を進めていく。
 今年度の計画設計業務は県土地改良事業団体連合会に委託した。

ページトップ