建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省北陸地方整備局(建設)
見出し9~11月の3連休で秋の統一現場閉所を実施  
掲載 2019年9月6日新潟建設新聞  
本文

 北陸地方整備局は、管内の発注機関と連携して9月~11月の3連休で秋の統一的な現場閉所に取り組む。9月~11月には土日を含めた3連休が4回あり、この時期が含まれる全工事を対象に、土日、祝日のうち少なくとも連続する2日間、最大12日間を現場閉所日として設定。各発注機関から工事現場の閉所を受注者に提案する。
 8月に開かれた北陸ブロック発注者協議会の各県部会で、春のゴールデンウイークに続く第2弾として秋の統一的な現場閉所への取り組みが提案、賛同されており、建設業の働き方改革に向けた取り組み姿勢を示す。
 春の統一現場閉所では、大型連休期間中の4月27日~5月6日を10連休とし、同期間に工期が含まれる工事で10日間の現場閉所を実施。工事の工程上10連休が困難な場合は、土日やそれ以外の連続した日など一部期間を現場閉所とした。
 直轄工事では全491工事(稼動工事)のうち430工事が10連休を達成。およそ96%の工事が5日以上の現場閉所を実施した。管内での統一的な取り組みとしたことで「休みやすくなった」など意見が上がっている。

ページトップ