建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者山梨県北杜市
見出し北杜市  
掲載 2019年10月4日山梨建設新聞  
本文

 長坂総合スポーツ公園(大八田6811-187)の改修について北杜市の渡辺市長は「施設の中で建設後30年以上経過した体育館など老朽化の進行により、小規模補修だけでは対応が難しい施設もある。少子高齢化が進展する中で心と体の健康面からのスポーツ志向の高まっている。施設のリニューアルは長寿命化の観点からも必要であると考えている」と述べた。
 市では今後、整備の検討を行うにあたりスポーツ団体や多くの市民から意見を伺いながら、調査研究を進めていく。
 9月定例議会の井出一司議員(北杜クラブ)の一般質問に答えた。
 渡辺市長は「(公園内には)体育館をはじめ柔剣道場、サッカー場、野球場、テニスコートなど各スポーツ競技の会場になりえる施設が集まり、多くの市民が利用していることから、市の総合的なスポーツの拠点となる」と強調した。
 サッカー場について堀内教育長は、高冷地にあるため「天然芝の管理のため冬期の利用が制限され、12月から3月までは利用できない」と話し連続使用を控えるために年間150日以上が使えない状況であることを説明。
 しかし人工芝になると冬期を含め通年利用が可能となり「管理が容易というメリットがある。利用費向上を目的として整備を進めたい。関連施設や周辺施設を整備することにより、効果的な施設運営は利用者の満足感につながる。先行事例を調査していく」と前向きな発言をした。
 園内には屋外運動場や陸上競技場、体育館、テニスコート、屋内外ゲートボール場、武道場がある。指定管理者はAQUA・NTM共同事業体。

【写真=天然芝のサッカー場】
【写真=老朽化が進む体育館】

ページトップ