建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県小山市
見出し小山市補正案、災害対応に16億超、復旧工事7.4億、対策強化2.1億  
掲載 2019年10月30日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 小山市は、総額16億1458万3000円に上る台風19号災害対応補正予算案を編成する。内訳は一般会計15億2497万4000円、水道事業会計8460万9000円、与良川水系湛水防除事業特別会計500万円。このうち災害復旧費が7億3989万5000円を占め、次いで災害対応強化費が2億1500万円。小宅橋、思川緑地公園、小山中学校、住宅の復旧のほか、思川、豊穂川、杣井木川、小山栃木排水路、立木排水路の排水対策を急ぐ。不足分を増額した上で、近く専決処分の見通し。
 災害復旧費のうち思川の増水で流出した小宅橋(飯塚)復旧に1億5000万円。土砂が堆積し、スポーツ施設の破損が著しい思川緑地公園復旧に1億2000万円(被害面積8万2987平方m)。小山中学校復旧は補助と単独を合わせて1億1500万円。
 石ノ上河川広場復旧は7700万円(被害面積5万7200平方m)。市内全域の緑地公園等復旧は8150万円。小宅、川西の両グラウンド復旧に6219万7000円。思川アプローチ広場前復旧は5000万円(被害面積1万600平方m)。
 床上浸水した中小学校体育館復旧に2900万円。道路が一部流出した市道8号線(小宅)復旧は2000万円。市道小破修繕復旧は2000万円。ふれあい健康センター復旧は357万5000円。押切市営住宅3棟6戸の復旧に150万円。
 農業支援費は1億6515万円。市単独農地・農業用施設復旧支援に6410万円、補助災害復旧事業の農業用施設復旧工事に5390万円、農地復旧工事に3200万円。これらは大部分が土地改良区への補助。このうち災害査定実施設計委託料は138万6000円。
 排水対策強化費は思川の測量調査委託料2500万円、豊穂川と杣井木川の調査委託料1500万円、豊穂川左岸の土のうや水のうの設置費1200万円、土地改良区田んぼダム設置補助1000万円、小山栃木排水路や立木排水路の測量調査委託料800万円。
 住宅復旧費は1億3200万円。被災者生活再建支援制度適用外の半壊に50万円、一部損壊に10万円を各220件分補助する。住宅応急修理は1250万円。市営住宅を仮住宅に提供するための改修工事費は400万円。
 道路応急対策は2000万円(側溝清掃、漂着物除去、土のう設置)、豊穂川パラペット倒壊緊急対応工事は400万円、仮設エンジンポンプ修繕等126万円、粟宮不動下排水樋管ゲート等堆積物除去・清掃が90万円。
 水道事業は浸水により機能停止に陥った鶉島浄水場復旧工事に7925万5000円。喜沢取水塔付近法面復旧工事に300万円。鶉島浄水場の清掃や喜沢取水塔崩落土砂撤去に235万4000円。与良川第1排水機場除塵機修繕工事が500万円。
 一般会計の財源は地方債発行5億8560万円、一般財源4億7201万3000円(前年度繰越金を充当)、国庫支出金4億4262万円、県支出金2474万1000円(うち災害救助法1979万1000円)で賄う。

ページトップ