建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者県測量設計業協会
見出し嶋田群測協会長の大臣表彰祝賀会  
掲載 2019年11月13日群馬建設新聞  
本文

2019年度の建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰を受賞した嶋田大和群馬県測量設計業協会長の祝賀会が8日、前橋テルサで盛大に開催された。来賓として同協会顧問の橋爪洋介県議会議員や県県土整備部の鈴木保監理課長などが出席。嶋田氏の功績をたたえた。
嶋田氏は参加者の祝福を受け「受賞は協会員をはじめとした多くの人の支えがあってこそ。昨年会長に就任した時に、誇りを持てる仕事・技術者になれる業界にしようと決意して努力を重ねてきた。これからも皆さまと協力して業界を前に進めていきたい」とあいさつした。
祝賀会発起人の田村義一副会長は冒頭「現在に至るまで多方面で活躍いただき、協会活動も先頭に立って日々尽力いただいている。これからもますますの活躍を期待している」と祝意を伝えた。
来賓を代表して橋爪県議は「長年にわたるご労苦が実を結んでの受賞。これから防災・減災対策がますます重要になり、嶋田会長をはじめ協会皆さまの協力が不可欠となる」とたたえた。鈴木課長は「この度の受賞はこれまでの長年の活躍によるもの。そのご尽力に対して敬意と感謝をお伝えしたい」と岩下勝則県土整備部長の祝辞を代読した。
嶋田氏は2010年に同協会副会長に就任。18年には会長となり、協会活動をけん引してきた。受賞は測量業の奨励と団体役員として地方業界の発展に対する寄与を評価してのもの。

ページトップ