建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)群馬県建設業協会
見出し群建協のツイッターが災害情報発信で活躍  
掲載 2019年11月16日群馬建設新聞  
本文

群馬県建設業協会が運用している災害情報共有システムぐんケン見張るくん。台風19号通過時には接近から通過にかけ、道路や河川のようす、被害状況など現地の最新情報をSNSを通じて発信し続け、大きな反響を呼んだ。
同協会は2014年2月にSNS上にアカウントを作成。台風19号の接近から通過までにフォロワー数が2300人増加した。
倒木の処理などが終わった道路に対して「通勤路なので助かりました。ありがとうございます」や「本当に大変なお仕事、ご苦労さまです」、「頑張ってください、応援してます」、「朝早くからありがとうございます」など感謝やねぎらいの声が多く寄せられた。
2014年の大雪や19年6月に前橋市を中心に起きた豪雨など、その時々の情報を発信。最新の現地情報を素早く的確に伝えることは、避難の判断などにも役立てることができる。
最新情報の発信はパトロールや復旧だけではない地域建設業の新たな役割をとして期待されている。

ページトップ