建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者山梨県北杜市
見出し北杜市土地利用審議会 友伸福祉会で特養計画  
掲載 2019年11月16日山梨建設新聞  
本文

 北杜市土地利用審議会で社会福祉法人友伸福祉会(北杜市須玉町若神子2120番地1、清水裕史理事長)が須玉町若神子2169番地内に計画する特別養護老人ホーム長寿荘の建設に係る開発事業について12日に審議した。その結果、市は「開発計画の内容を異議なし」と認めた。後日、渡辺英子市長に審議の結果が答申される見通し。
施工者はまだ決まっておらず、全ての許可が下りてから入札を執行する。同法人では2020年2月に着工し、21年5月中旬の完成を目指す。
 子育て支援住宅須玉団地や須玉総合支所の周辺の敷地面積4767・96㎡(大半が田)に、W造2階建てで延べ床面積2725・32㎡規模で建設。同法人で12月まで埋蔵掘削調査を行う。
 建築設計はNC設計(東京都豊島区)が担当した。
 長寿荘の移設理由を清水理事長は「既存の施設が築40年が経過で老朽化が進み、設備面で毎年問題が発生している。土砂で地盤が耐え切れなく可能性があることから、大規模改修を行うのではなく、土砂災害の危険性がないところに移設をするという結論に至った」と話した。
 審議会では委員から「消火栓や防犯灯、入口の数を増やしてほしい」といった要望が多数出ていた。

【写真=埋蔵調査が進む建設予定地】

ページトップ