建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者茨城県常総地方広域市町村圏事務組合
見出し常総広域組合消防本部が8署を6署に再編へ  
掲載 2019年11月20日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 常総市、守谷市、つくばみらい市で構成する常総地方広域市町村圏事務組合の消防本部はこのほど、現8カ所の消防署を6カ所に統廃合する「第四次常総地方広域市町村圏事務組合消防基本計画案」を策定した。計画によると、本部の水海道消防署(常総市水海道山田町808)を40年度に市街地の高台に移転し、同署北出張所(常総市大生郷町2631-1)と絹西出張所(常総市菅生町3129)は現在地付近に維持する。
 守谷消防署(守谷市御所ケ丘4-1-2)は、同署南守谷出張所(守谷市みずき野1-16-1)と統合し、35年度に松並地区付近に新たに整備。
 つくばみらい消防署(つくばみらい市加藤507-2)は、北東部台地(伊奈東中付近)か東部台地(久保浄水場付近)に32年度に移転し、同署谷和原出張所(つくばみらい市加藤507-2)と東部出張所(つくばみらい市台628-4)を統合し、28年度にみらい平地区に新設する。
 組合では、大規模な自然災害や高齢化による社会環境の変化などに的確に対応していくことが求められていることから、18年度に学識経験者や地域住民代表など12人からなる消防力適正配置検討委員会を立ち上げ、消防署の統廃合を考慮した効率的な配置を検討。全6回開催し、ことし3月13日に組合管理者の松丸修久守谷市長に答申した。
 これを受け、06年度から運用していた第三次消防基本計画を見直し、今回の第四次計画案を取りまとめた。12月の組合議会に上程する予定。
 なお、消防庁舎の概要は次のとおり(◆施設名=①敷地面積②床面積③構造④建築年月日)。
 ◆消防本部・水海道消防署=①5352㎡②1階1106・6㎡、2階496・7㎡③RC造④1990年3月31日
 ◆水海道消防署北出張所=①1385㎡②1階245・33㎡、2階142・50㎡③RC造④80年11月30日
 ◆水海道消防署絹西出張所=①1523㎡②1階380・28㎡、2階133・82㎡③RC造④95年1月22日
 ◆守谷消防署=①5000㎡②1階697㎡、2階413㎡③RC造④84年5月8日
 ◆守谷消防署南守谷出張所=①1806㎡②1階349・64㎡、2階145・80㎡③RC造④92年3月31日
 ◆つくばみらい消防署=①2044㎡②1階630・80㎡、2階149・03㎡③RC造④82年4月1日
 ◆つくばみらい消防署谷和原出張所=①2300㎡②1階486・2㎡③RC造④87年3月27日
 ◆つくばみらい消防署東部出張所=①1500㎡②1階342・54㎡、2階197・85㎡③RC造④97年2月28日

【水海道消防署】

ページトップ