建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県栃木市
見出し栃木市補正案、宮の橋修繕設計1430万、太平山遊覧道路を測量  
掲載 2019年11月26日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 栃木市は29日に開会の市議会12月定例会に、6億6743万7000円を追加する一般会計補正予算案を上程する。橋梁長寿命化修繕計画に基づく宮の橋(宮町)の橋梁修繕設計委託に1430万円、太平山遊覧道路の市道1032号線(薗部町4丁目)用地測量委託に848万1000円を配分。最終日の12月18日に可決の見通し。
 星野遺跡記念館(星野町)の改修工事に1166万円。旧石器時代から縄文時代にかけての展示スペースリニューアルや空調設備、雨漏り部分を補修する。ヤマサ味噌工場跡地(嘉右衛門町)の伝建地区拠点施設ガイダンスセンターコンテンツ製作設置工事は1020万8000円。
 雨水浸水対策では神ノ宮川大渕沼遊水地(川原田町)の樹木伐採工事に561万円を措置。市総合運動公園施設整備工事に391万1000円(北駐車場トイレ更新工事199万7000円、陸上競技場漏水補修工事191万4000円)を振り分けた。
 市道1033号線交通安全施設整備事業(大宮町)は3050万円(物件移転補償金2900万円、整備用地購入150万円)。道普請事業は路盤路床材(砂、砕石)の原材料購入に1000万円。新大平下駅前地区土地区画整理事業は物件移転補償金に3000万円。
 国土強靭化地域計画策定委託は2019年度が100万円、20年度の債務負担行為が400万円、2カ年間の計500万円で策定する。定住促進支援事業は3610万円(まちなか定住促進住宅新築補助金2100万円、多世代家族住宅新築補助金660万円)。
 市単独農村農業整備事業は栃木地域の浚渫土砂処分工事に444万4000円。コミュニティFMくらら放送送信設備改修工事は岩舟の三鴨通信設備不具合解消に220万円。とちぎメディカルセンター施設整備補助金は187万円。
 消防団施設整備工事は220万1000円。主要地方道桐生岩舟線拡幅事業に伴う岩舟方面隊第2分団第1部の車庫(ホース乾燥棟含む)や岩舟町泉川の防火水槽2カ所を解体撤去する。森林・山村多面的機能発揮対策交付金は117万5000円。
 ふるさと応援基金積立金は1億5500万円。中小企業向け資金融資信用保証料補助金は3820万円。食とスポーツによる地域活性化計画策定委託は100万円。聖地公園(皆川城内町)の樹木伐採工事は88万円。
 このほかPFI事業のBTO方式で整備する新斎場整備運営事業(岩舟町三谷)の債務負担行為(20~38年度)は66億6290万8000円の設定額から金利や物価変動に応じた増減額を補正できるようにする。

ページトップ