建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者千葉県長生農業事務所
見出し和合で南谷本用水路設計/県長生農業事務所/かん排の両総茂原南地区/進捗は本年度末約85%に  
掲載 2019年12月6日日刊建設タイムズ  
本文

 県長生農業事務所は、県営かんがい排水事業「両総茂原南地区」について、来年度の事業完了に向けて整備などを推進している。本年度は支線用水路工事約1㎞を6件に分けて発注するとともに、南谷本用水路の実施設計と土質調査を委託。また、地区全体の見直しを図るため用水計画検討業務を委託した。本年度の事業費は約3億2000万円で、本年度末の進捗率は事業費ベースで約85%となる見通し。
 実施設計を委託した南谷本用水路の施工場所は茂原市谷本地先。用水路の延長は約130m。管はφ1000㎜のFRPM管。10月23日の入札で、和合建設コンサルタント(千葉市中央区新宿2―3―6)に、来年2月28日までの工期で委託した。委託金額は予定価格1107万円(消費税抜き)に対し1050万円(同)。土質調査は、技研基礎(千葉市中央区末広5―8―6)に202万円(同)で委託。また、用水計画検討業務は栄設計(東京都杉並区上萩2―35―13)が担当。委託工期は来年2月28日まで。委託金額は535万円(同)。
 同地区は2009年度に着工。総事業費23億5380万円に対し、昨年度末までに16億8143万9000円を投入。昨年度末での進捗率は71・4%となっている。
 同地区は、国営両総地区の付帯地区として09年度に採択を受けて事業に着手した。事業期間は20年度までの12か年。関係市町村は茂原市、長生郡白子町、長生村。受益面積は686・6ha。主要工事は支線用水路工L8699m(FRPM管φ1100~VM管φ500㎜)。支線用水路は東郷支線(千沢・関・新川派線分含む)、高根支線、茂原支線(下井派線含む)。
 昨年度までに支線用水路工L4390m・FRPMφ110㎜~VMφ500㎜(支線1、2、4~7、11)を施工。昨年度は事業費3億円で支線用水路工514・6mを実施。内訳は、支線1がL100・7m(FRPМ管φ1100㎜)、支線4が(FRPM管φ1100㎜)L151・0、支線6(FRPM管φ1000㎜)がL262・9m、このほか、付帯工(取付用水路工)L301mなど。
 本年度は支線用水路工事を(10の1)、(8の1)、(8の2)、(2の4)、(11の4)、(7の2)の6件に分けて発注。(10の1)を岡田建設が3495万円、(8の1)を金城組が3375万円、(8の2)を三浦建設工業が4070万円、(2の4)を三枝組が4280万円、(11の4)を関東調査事務所が1500万円、(7の2)を金城組が4040万円で、それぞれ落札した。
 20年度以降の事業費は3億5236万1000円を見込み、事業内容として支線用水路工L3159m、付帯工一式(取付用水路工8206m)、測量、実施設計等一式を予定している。

ページトップ