建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県足利市
見出し足利市補正、台風19号災に10.2億、災害復旧2.5億、農業被害補助5.2億  
掲載 2019年12月12日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 足利市は11日、総額10億2200万円に上る台風19号災害対応一般会計補正予算案を市議会12月定例会に追加上程した。農業被害補助金5億2257万2000円のほか、災害復旧費2億5212万2000円(道路橋梁1億9700万2000円、河川3500万円、社会体育施設1899万5000円、林道施設112万5000円)、災害廃棄物処理事業2億2716万3000円、内水対策調査費500万円を配分した。最終日の20日に可決の見通し。
 農業被害補助金内訳は強い農業担い手づくり総合支援事業が3億1253万6000円、被災農家営農再開緊急対策事業が8460万円、農漁業災害対策特別措置事業が6843万6000円、持続的生産強化対策支援事業が5900万円。
 強い農業担い手づくりはハウスや農機具の修繕、流出土砂撤去費。被災農家営農再開は土壌診断、土づくり、肥料購入費。農漁業災害対策は被害作物の片づけ、農薬や肥料の購入、代替作物種苗の購入費。持続的生産強化は圃場の稲わら撤去費を支援する。
 道路橋梁復旧費は急傾斜地災害復旧事業に1億9491万2000円。このうち助戸大橋町のがけ崩れ個所の復旧工事が1億5051万円。1900万円が本城、西宮、助戸大橋町の県営3事業の負担金。冠水した市道路管理車両の修繕費が209万円。
 河川災害は市内約10カ所の小水路復旧工事に3500万円。社会体育施設災害は市総合運動場陸上競技場観客席下の管理事務所復旧工事に139万7000円。カーペットやビニール床が浸水被害に遭い、復旧する。備品購入費が1759万8000円。
 林道災害復旧費は、みかも森林組合が管理する林道復旧工事費112万5000円を補助する。道路新設改良費は内水対策事業の委託料が500万円。市内の広範囲で内水被害が発生し、路面が冠水。これら冠水個所を調査し、今後の水害対策の基礎資料とする。
 災害廃棄物処理事業は一般廃棄物処理施設の南部クリーンセンターに収容し切れなかった災害ごみを隣接地の市農業研修センターに一時保管。細かいごみや災害ごみに付着していた土砂を撤去し、本来の使用目的に耐えられるよう元通りに戻す。
 被災者生活物資給費事業に1185万5000円。災害救助法に基づき、必要物資を現物支給する。災害復旧費のうち急傾斜地復旧、河川復旧、林道復旧、社会体育施設復旧、内水対策調査事業は次年度に繰り越し、履行期間を確保する。

ページトップ