建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者茨城県稲敷市,民間工事情報
見出し稲敷市が稲敷東IC周辺で官民連携のまちづくり  
掲載 2019年12月25日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 稲敷市はこのほど、㈱OSMIC(オスミック)(東京都中央区)、いちご㈱(東京都千代田区)、NECキャピタルソリューション㈱(東京都港区)と、「農」を中心とした官民連携のまちづくり協定を締結した。圏央道稲敷東インターチェンジ周辺の約51ha(桑山・清水)に、トマト生産ハウスやレストラン、グランピング施設(豪華なキャンプ場)、宿泊施設、温浴施設などを整備する計画。
 市では昨年度、「圏央道稲敷東IC周辺開発基本構想」を策定。これを基に、「豊かな農地と調和した活力溢れる都市農村交流、産業集積拠点の形成」という基本方針を打ち出した。
 このコンセプトに興味を示したのが、農業ビジネスを展開するOSMIC、不動産事業のいちご、機器設備のリースや金融業を担うNECキャピタルソリューション。
 市は道路などインフラの整備を促進。OSMICは同事業のプロジェクトマネージャーとして、子会社(㈱オスミックアグリ稲敷)を設立し、事業全体のコーディネイトのほか、トマトハウスや加工施設の整備・運営を担う。
 いちごはレストラン、キャンプ、宿泊施設などの参加型農業テーマパークを手掛け、NECキャピタルソリューションは資金・事業支援を行う。
 計画では南西側を第1エリア(約12・7ha)とし、トマト生産ハウス(約9ha)やレストラン・マルシェ(約3・7ha)を先行して整備する。
 トマト生産ハウスは、国の補助金を活用して来年度に10棟(1棟約5000㎡)整備し、2021年度からオープンとなる予定。
 その後、キャンプ・グランピング施設、貸農園、観光農園、宿泊施設、温浴施設などを順次建設していく。構想期間は10年。

【①位置図②左からNECキャピタルソリューションの藤田直人執行役員、筧信太郎市長、OSMICの中川英之社長、いちごの石原実副社長】

ページトップ