建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県新潟市,その他記事(民間)
見出しフジタJVが下水道PR冊子贈る  
掲載 2019年12月27日新潟建設新聞  
本文

 新潟市の中部処理区合流改善築造工事を受注したフジタ・水倉組・国土・永光建設JVの代表者は24日、新潟市教育委員会を訪問し、市内の児童へ配布するPR冊子を前田秀子教育長へ手渡した。同処理区内の小学校に通う3、4年生分となる4300部を用意し、下水道事業と建設業の理解促進を図った。
 贈呈側を代表しフジタ関東支店の三浦隆一支店長が「下水道工事への理解を深めてもらおうと冊子を作製した。小学校の社会科学習に使ってもらい、下水道への理解、環境問題や防災・減災について少しでも関心を持ってほしい」とお願いし、目録を読み上げた。
 水倉組の赤川隆幸常務は「冊子を通して水に関する環境の大事さ、尊さを学んでほしい。建設業の役割、魅力アピールにつなげてほしい」と思いを語った。
 国土の田邊和陽社長も「ライフラインは水道・電気・ガスにプラスして下水道が重要。学びの一助になればうれしい」と話した。
 永光建設の齋藤正樹社長は「生活に無くてはならない下水道、その整備に務める人がいることを子供たちに知ってもらいたい」と強調した。
 前田教育長が「イブの日に素敵なプレゼントになった」と謝辞を述べた。
 同工事は2月に同JVが24億2000万円で落札。2021年3月15日の工期で基礎工PHC杭φ900mm中堀工法748本や土工・躯体工各一式を行う。

【写真=前田教育長(左から3番目)へ目録を手渡す三浦支店長と各代表者】

ページトップ