建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県荒川左岸北部下水道事務所
見出し県荒川左岸北部が沈殿池を耐震補強  
掲載 2020年1月7日埼玉建設新聞  
本文

 県荒川左岸北部下水道事務所は市野川流域下水道処理場(市野川水循環センター)と元荒川終末処理場で、2020年度以降に耐震補強工事を予定している。市野川流域下水道処理場の耐震診断は新日本エグザ(上尾市、048-774-7731)が3月27日納期で担当。元荒川終末処理場はパシフィックコンサルタンツ埼玉事務所(さいたま市、048-650-8611)が2月28日納期で進めている。
 対象は市野川流域下水道処理場が1系水処理施設最終沈殿池と沈砂池ポンプ棟(RC造地下2階地上2階)、元荒川終末処理場が合流槽(RC造、8m×16・9m×15・1m)。複数箇所へコンクリート増し打ちやせん断補強筋配置などを行うとみられる。
 市野川流域下水道処理場(滑川市月輪地内)は分流式下水排除を行う施設。現況施設能力は計画日最大汚水量2万2800/日、現在処理能力日最大汚水量1万7600/日。水処理はオキシデーションディッチ法、汚泥処理に濃縮・脱水・場外搬出の工程を採用。1994年に供用開始した。
 元荒川終末処理場(桶川市小針領家地内)は計画日最大汚水量23万3100/日で、分流式・一部合流式の下水排除を行っている。

ページトップ