建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し群馬県建設業協会吾妻支部が賀詞交歓会を開催  
掲載 2020年1月11日群馬建設新聞  
本文

群馬県建設業協会吾妻支部(池原純支部長)は8日、バイテック文化ホールで建設関連企業合同賀詞交歓会を盛大に挙行した。来賓には衆議院から小渕優子氏、県議会からは萩原渉議員、入内島道隆議員が参列した。
冒頭、主催者を代表してあいさつに立った池原支部長は「今後も地域の安心安全の確保のために努力する所存だが、一社ではなにもできないのが現状。地域で力を合わせて頑張っていきたい」と述べた。
来賓からは小渕優子議員が「台風19号災害の復旧にご尽力いただき大変感謝している。今年は八ッ場ダムの完成など吾妻地域が大きく変わる年でもある。息の長い事業もあるが、引き続き協力のほどよろしくお願い致します」と呼び掛け、続いて萩原渉議員が「昨年は台風19号の甚大な被害を受け、皆さまには復興に向けご尽力をいただいた。今年は平穏な年になれば」とあいさつ。このほか入内島道隆議員は「皆さまのご尽力により、復興が進んできた。今後ともよろしくお願い致します」と述べた。
その後、群馬県建設業協会吾妻支部の渡辺栄志副支部長が祝電を披露し、吾妻生コンクリート事業協同組合の宮本昌典理事長の発声で乾杯が行われた。新年の門出を祝うとともに親睦を深め合った。

ページトップ