建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県さいたま市,国土交通省大宮国道事務所
見出しさいたま市と大宮国道が仮設ハンプ設置の社会実験を実施  
掲載 2020年1月14日埼玉建設新聞  
本文

 さいたま市と大宮国道事務所は9日、凸型構造物の仮設ハンプ設置による社会実験を始めた。場所は見沼区東大宮2-24番先交差点。設置期間は9日~2月3日を予定している。今回の実証実験は市初の取り組みとなる。市道路環境課は「生活道路内を通り抜ける車が減り、スピードも抑制することで地域の方々が安心できるようになれば」と期待を寄せた。また「効果が得られれば、他地域でも設置を検討していきたい」と話した。
 仮設ハンプ設置は生活道路での走行速度の低減や流入交通量の低減などが目的。現地は速度超過や通過交通が多いことが、ETC2・0データから確認できている。これまで2回にわたり、地域住民と関係機関による検討会で、対策方針について意見交換してきた。

ページトップ