建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出しゼロ災向け決意新た/県建産連が新年の工始祭で安全祈願  
掲載 2020年1月16日新潟建設新聞  
本文

 新潟県建設産業団体連合会(植木義明会長)は14日、新潟市内の白山神社で工始祭を執り行った。工始祭は、年頭に作業の安全と建物の永遠の繁栄を祈願する恒例行事の一つ。
 白山神社拝殿での祝詞奏上後、新潟市建築組合連合会有志による「匠始ノ儀式(たくみはじめのぎしき)」では、鋸ノ儀(のこぎりのぎ)、墨指し・墨付ノ儀(すみさし、すみつけのぎ)、釿打ノ儀(ちょうなうちのぎ)、鉋ノ儀(かんなのぎ)のほか、槌打ノ儀(つちうちのぎ)が古式にのっとり厳かに行われ、続いて植木会長や構成団体の各代表、国土交通省北陸地方整備局の吉岡幹夫局長らが玉串を奉げ、ことし一年の安全作業などを祈願した。
 植木会長は死亡災害ゼロ、労働災害の根絶に向け、決意を新たにするとともに「建設業にまい進できる充実した一年となれば」と述べ、業界のさらなる発展を期待した。

【写真=全国的にも珍しい工始祭】

ページトップ