建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者長野県松本市
見出し旧松本高等講堂でⅢ期工事  
掲載 2020年1月17日長野建設新聞  
本文

松本市は旧松本高等学校について、本年度に実施していた講堂の耐震補強工事で壁内部の腐食と玄関屋根材にアスベストの含有が判明したことから、新年度にⅢ期工事として実施する計画だ。
16日に開かれた市議会教育民生委員協議会で示したもの。それによると重要文化財となっている講堂の耐震補強工事について、本年度からⅡ期工事として着工。その中で、着工前にはわからなかった部材の腐食を確認。これを受け全体を確認した結果、講堂の壁内部の著しい腐食が判明し、当初の想定を上回る部材等の取替えが必要となった。また、西玄関の屋根材にアスベストを含有したスレートが使用されていることも判明したことから、市は文化庁と協議した結果、国庫補助事業による講堂Ⅲ期工事の提案を受けていた。
こうしたことから市は新年度、壁内部の腐食箇所の取替えとアスベストを含む屋根材の葺き替えを国庫補助事業を受け講堂Ⅲ期工事として実施する。このためⅢ期工事の実施設計を早期に委託する。委託料は当面、既決予算で対応する。新年度は4月から本館のⅠ期工事に着工し、講堂Ⅲ期工事は8月の着工を計画している。

ページトップ