建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者県砕石工業組合
見出し県砕石工業組合が20年賀詞交歓会  
掲載 2020年1月18日群馬建設新聞  
本文

群馬県砕石工業組合(金子光宏理事長)は15日、前橋問屋センター会館のスワンで2020年賀詞交歓・意見交換会を開催した。当日は来賓を含め16人が参加、新たな年の門出を祝った。
冒頭のあいさつで金子理事長は「19年は自然災害の恐ろしさを実感した。激甚化する災害に対応するために、強靱化の必要性が高まりつつある。安全操業を基本とし、縁の下の力持ちとなって、安定的な骨材供給を心掛ける」と意気込んだ。
来賓に県県土整備部砂防課の今井広次長と同課の山中直人主事が臨席。また、日本砕石協会関東地方本部から山本勇顧問と福島恒輔事務局長が駆け付けた。
今井次長は「骨材を安定供給するために、将来を見据え、法令を順守し、なお一層の安全操業に努めてほしい」とする大竹哲也課長の祝辞を代読した。
また、山本顧問は「働き方改革の動きが活発になっている。これをチャンスと捉え、人を呼び込む方針を打ち立てる必要がある」と呼びかけた。
山野井清朗副理事長の発声で乾杯し、和やかに親睦を深めあった。

ページトップ