建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者長野県建設部
見出し発注計画に概算額/早期公表で円滑実施へ/災害復旧  
掲載 2020年1月22日長野建設新聞  
本文

 県建設部は台風19号災害の復旧・復興を円滑に進めるため、発注計画を早期に公表するとともに、概算額や「復旧・復興建設工事共同企業体制度」(復興JV)の適用の有無についても記載する。21日午前9時現在、入札情報システムでは伊那、安曇野、千曲、長野、北信の5つの建設事務所で概算額を記載した発注計画が公表されている。
 この方針は1月9日、現地機関長へ技術管理室長名で通知された。今後、膨大な数の災害復旧工事が発注されることに伴い、不調・不落の増加も懸念されている。発注計画を早期に公表し、概算額も示すことにより、企業側の受注計画を立てやすくし、不調・不落の抑止につなげたい考えだ。
 発注計画の公表に当たり、案件概要欄は「規模観が分かるよう内容を記載」、備考欄は「災害申請額又は災害査定決定額より概算額を記載(災害関連や改良復旧事業等で申請中のものは除く)」「復興JVの参加を認める場合はその旨を記載」することとし、追加・変更などが生じた場合は随時更新するよう求めている。
 なお今回の災害復旧工事では、発注機関が地域の実情を踏まえ、複数の工事を1件にまとめロットを大きくすることや、集約に当たり道路工事と河川工事、土木一式工事と舗装工事など、通常は行わない組み合わせで発注することも認めている。

ページトップ