建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他団体
見出しさいたま市造園業協会が賀詞交歓会を開催  
掲載 2020年1月29日埼玉建設新聞  
本文

 さいたま市造園業協会(内田香会長)は1月24日、東天紅JACK大宮店で新年賀詞交歓会を開催した。来賓として、さいたま市の清水勇人市長や阪口進一副市長らそうそうたる顔ぶれがそろう中、会員一同はにぎやかに酒杯を交わし、輝かしい新春の門出を祝った。
 開会に際し、あいさつに立った内田会長は2019年の活動として、まちづくり研修会や車両系建設機械の特別教育講習会、第16回みどりの祭典への参画、栄小学校での土チャレ樹木診断といった数々の事業を報告。また、さいたま市第11回みどりの功労賞式典で同会が受賞したことに触れ、改めて喜びをかみしめた様子だった。
 さらに、清水市長が提唱している『のびのびシティさいたま市』の実現について言及し、「当協会が一丸となり、緑豊かなまちづくりに貢献していきたい」と述べ、会員らに一層の支援と協力を呼び掛けた。
 来賓のあいさつでは、清水市長と阪口副市長がそれぞれお祝いの言葉を贈った。
 その後、磯部武理事の乾杯で祝宴に入り、ことし一年のさらなる飛躍と発展を誓い合った。
 なお、開会に先立ち、同会理事で技術委員長の吉田一也氏(植金)が12日に逝去した旨を報告。参加者一同が故人の冥福を祈り、黙祷を捧げた。

【写真=一年を門出を祝った】

ページトップ