建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(公共)
見出し1351カ所に502億円/東信地域が7割占める/台風19号の土木施設災査定完了  
掲載 2020年2月14日長野建設新聞  
本文

 台風19号で被災した公共土木施設の災害復旧事業査定が2月7日に完了した。決定箇所数は1351カ所、決定総額は502億1400万円に上っている。このうち県工事は900カ所に357億4100万円、市町村工事は451カ所に144億7200万円。地域別では東信分が件数、金額とも全体の7割超を占め、また工種別では河川関係が突出している。
 建設事務所管内別の内訳を見ると、件数、金額とも佐久が最多で684カ所231億62000万円。2番目は上田で282カ所120億3500万円。両管内を合わせた東信地域分が全体に占める割合は、件数が71.5%、金額が70.1%となる。
 決定総額が10億円を超えたのは他に4管内で、長野が90カ所49億4300万円、北信が116カ所38億1600万円、須坂が60カ所27億8000万円、松本が81カ所21億1000万円。
 また、工種別の内訳を見ると河川関係が801カ所323億5400万円となり、件数で59.3%、金額で64.4%を占めた。道路は416カ所に69億3300万円、橋梁は32カ所に27億7600万円、砂防は46カ所に15億3300万円が決定。下水道は36カ所に57億8700万円、公園は20カ所に8億2900万円となっている。
 なお、2月4~7日に行われた台風19号関連の最終査定となる第13次査定では佐久建設事務所管内の県工事32カ所に総額21億9200万円が決定した。

記事資料
記事資料
ページトップ