建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県日光市
見出し日光市予算案、リサイクルCに19億、学校施設長寿命化計画を策定、霧降スケートセンター路面改修1.8億  
掲載 2020年2月14日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 日光市は2020年度当初予算案を公表した。一般会計は前年度比0・9%減の433億7000万円。将来に備える予算と位置付け、普通建設事業費は4%減の55億1959万6000円。リサイクルセンター整備、霧降スケートセンターリンク路面改修、細尾ドームリンク冷凍機・冷却塔改修に工事費を計上。学校施設長寿命化計画策定に取り組む。(4面に主要事業と予算額)
 リサイクルセンターは粗大・不燃ごみ処理施設の整備に2カ年継続費19億5400万円を設定。年割額は20年度5億8620万円、21年度13億6780万円。現施設を解体した跡地に新施設を建設。建屋、破砕選別施設、残さ貯留設備、事務室、会議室を整備。計量棟は計量機(出入り口各1基)と計量事務所を設置する。
 霧降スケートセンターリンク路面改修は継続費1億8700万円(20年度3730万円、21年度1億4970万円)。
 細尾ドームリンク冷凍機・冷却塔改修は継続費1億3000万円(20年度1950万円、21年度1億1050万円)を設定した。
 道路新設改良費は、地方創生道整備推進交付金事業に2億5000万円を計上。森友上板橋線、森友芹沼線、文挾猪倉線、水無明神線の整備を推進。社会資本整備総合交付金事業は2億4708万円。杉の沢明神線、大桑前原南裏線、大谷向豊田線、シドミ原下森友線の整備を予定。
 市単道路改良事業は餅ヶ瀬線などに9095万円、大桑八間々上ノ台線など圃場整備関連道路に6105万円。
 橋梁維持補修費は25橋の詳細設計や15橋の工事、62橋の点検などに2億2578万円。河川整備は明神川・飛土沢、トヤ沢、江戸川などの整備工事に4416万円。
 道路維持費の地方創生道整備推進交付金事業は1億200万円。水無明神線や清滝神社細尾大谷橋線、小佐越駅前線などの舗装補修を予定。長寿命化計画に基づく舗装補修工事は7790万円。社会資本整備総合交付金事業は1850万円で、室瀬小代線の舗装補修工事や御幸町松原町線の詳細設計、逆川第1~3隧道の詳細設計に配分する。
 街なみ環境整備事業は2億2915万円。旧日光庁舎周辺整備工事や安川町公園、旧母子センター跡地公園などを整備する。
 都市計画街路整備事業は7373万円。平町東町線沿道整備の宅地造成工事や出来形確認測量、移転補償を推進。
 公園維持管理費は1億2760万円。杉並木公園水車改修や鬼怒川さくら並木公園公衆トイレ改築工事などを実施。新たに東武日光駅前広場舗装・滝モニュメント改修や田母沢街区たくみ庵改修の設計に着手。また、都市公園施設の長寿命化計画施設調査業務を委託する。
 市営住宅維持管理費は1億4917万円。久次良町第2住宅や花石町住宅の屋根外壁改修工事、老朽住宅の解体を実施する。
 県単農業農村整備は7000万円で下猪倉など4地区の農道工事、町谷、小百地区のかんがい排水工事を計画。市営農道舗装整備は4000万円で土沢、山口地区、市単土地改良は3254万円で明神、手岡地区、大桑町で舗装新設工事などを予定している。
 消防団詰所は東小来川地区の設計などに530万円。防火水槽は1964万円で森友など3カ所で新設。防災行政情報システムは鶏頂山と勝雲山中継局解体工事に1860万円。
 観光施設の維持管理では、川治橋公衆トイレ解体や足尾駅前公衆トイレ浄化槽改修、川治温泉薬師の湯キャンプ場整備工事などを実施。
 小学校校舎等維持管理費は1億6550万円。学校施設長寿命化計画策定のほか、大室小の外壁屋根改修工事などを実施。中学校校舎等維持管理費は2億6843万円。三依小中体育館の外構工事や中宮祠小中の校舎暖房設備改修工事などを行う。
 社会体育施設整備事業は4億7533万円。2カ年の霧降スケートセンターや細尾ドームリンクの改修工事に加え、市ホッケー場屋外コンセント改修工事、日光運動公園野球場ネット付きファールポール設置などを実施する。
 学校給食管理費では豊岡地区給食拠点化改修工事、今市小給食施設改修工事、日光学校給食センター調理室等空調設備設置工事、足尾学校給食センター屋根改修の設計と工事に取り組む。
 また、JR日光駅改札内バリアフリー化の整備支援や小倉山森林公園のテニスコート用地測量などを実施する。
 下水道事業会計は公営企業会計に移行。資本的支出は16億8833万円。管渠建設費改良費は3億879万円。今市、日光、藤原、川治処理区の新設などを進める。収益的支出は25億152万円。管渠費の工事費に4505万円などを計上した。
 水道事業会計の資本的支出は15億9747万円(4・8%増)。浄水場施設整備は3149万円、老朽管更新は2億9159万円、配水管布設は2億7447万円。

ページトップ