建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県さいたま市
見出しさいたま市が岩槻駅リノベーション構想を策定へ  
掲載 2020年2月14日埼玉建設新聞  
本文

 さいたま市都市戦略本部は岩槻駅周辺地区都市機能強化へ、遊休不動産を活用するリノベーションまちづくりを進める。2020年度当初予算案には、リノベーションまちづくり構想の策定などに1837万5000円を計上した。確保できれば、20年度に委員会を本格的に開き、21年3月の構想策定を想定している。事業化は民間主導の公民連携が前提。民間自立型まちづくり会社がプロジェクトを立ち上げる。行政は支援する立ち位置となる。
 今後はリノベーションまちづくり協議会において、関係者が集まれる場・環境作りを支援。さらに市民ファンドなどを通じた金融支援環境の整備や啓発活動、機運醸成などを行う。主に家守会社となる民間自立型まちづくり会社が、遊休不動産を活用したい不動産オーナーと事業を興したい個人・法人をマッチングさせる。
 岩槻駅周辺では不動産価値の低下、若年層の流出、後継者不足、まち中心部の空洞化などの課題が挙がっている。

ページトップ