建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省北陸地方整備局(建設)
見出し“地域の守り手”に感謝状/災害対応 37社へ/新制度で33社も表彰  
掲載 2020年2月22日長野建設新聞  
本文

 国土交通省北陸地方整備局は、2019年に発生した災害において復旧対応に尽力した団体、企業等への感謝状贈呈式を19日に新潟市、20日に長野市内で開催した。本年度新たに「災害対策関係功労者表彰」を創設し、台風19号で甚大な被害が発生した千曲川流域で災害対応に協力した団体、企業も表彰した。県内企業の対象者数は感謝状が37社、表彰が33社。
 災害対応功労者感謝状は、災害時にTEC-FORCE活動への協力、緊急災害対応、物資支援などに尽力した団体、会社、個人へ贈呈するもの。また、新たに創設した災害対策関係功労者表彰は、甚大な被害をもたらした災害において、長期にわたりTEC-FORCEなどが活動した地域で災害対応に当たった団体、企業を表彰する制度。
 県内に所在する団体・会社、在住する個人の対象者数は、災害対応功労者感謝状が団体部門で県建設業協会、企業部門で37社、個人部門で北陸地方防災エキスパートの13人。災害対策関係功労者表彰は団体部門で県建設業協会、企業部門で工事関係25社、業務関係8社。
 長野会場の式典で吉岡幹夫局長は、出席者に対して謝意を表し、「昼夜を問わず24時間体制で対応していただき、あらためて皆さま方は地域の守り手であることを実感した。長野県では台風19号の応急処置がおおむね終わり、これから本格的な復旧に移る。引き続き皆さま方の力を借りながら、地域の安全を確保していきたい」と引き続きの協力を求めた。
 感謝状・表彰対象者は次のとおり。(部門ごと50音順)
■災害対応功労者感謝状
 【業界団体】
 ◆県建設業協会
 【企業】
 ◆アズミエンジニヤ◆飯島建設◆AB.do◆エフコム長野支店◆鹿熊組◆川中島建設◆環境都市設計◆北原組◆木下組◆木下建工◆栗木組◆黒澤組◆建設マネジメント北陸松本支店◆サンタキザワ◆サンテックインターナショナル甲信支店◆しな測◆竹花組◆中信建設◆東部開発◆長野安全自動車◆中野土建◆新津組◆畑八開発◆フカサワイール◆フクザワコーポレーション◆フジ技研◆藤森建設工業◆北條組◆北信建設事業協同組合◆北信土建◆堀内組◆マイクロ◆松本土建◆丸登電業◆宮下組◆守谷商会◆安井建設
 【個人】
 ◆北陸地方防災エキスパート13人

■災害対策関係功労者表彰(令和元年台風第19号千曲川流域関係)
 【業界団体】
 ◆県建設業協会
 【企業・工事関係】
 ◆飯島建設◆エフコム長野支店◆鹿熊組◆川中島建設◆木下組◆木下建工◆栗木組◆黒澤組◆サンタキザワ◆中信建設◆東部開発◆長野安全自動車◆中野土建◆新津組◆畑八開発◆フカサワイール◆フクザワコーポレーション◆藤森建設工業◆北條組◆北信土建◆松本土建◆丸登電業◆宮下組◆守谷商会◆安井建設
 【企業・業務関係】
 ◆アズミエンジニヤ◆AB.do◆環境都市設計◆建設マネジメント北陸松本支店◆サンテックインターナショナル甲信支店◆しな測◆フジ技研◆マイクロ

ページトップ