建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し県山林種苗緑化協働組合が総会を開催  
掲載 2020年2月26日群馬建設新聞  
本文

群馬県山林種苗緑化協同組合(久保田順一郎理事長)は19日、群馬県公社総合ビルで第58回通常総会を開催した。役員改選の年に当たり、久保田理事長の続投が決まったほか、副理事長に岩田好雄氏が就任するなど新役員が決定となった。このほか、2020年度事業計画なども審議し、いずれも全会一致で可決した。
冒頭、久保田理事長は「県が推奨している森林県から林業県への転換が一段と進むことを期待している」とあいさつ。
来賓あいさつで、まず県環境森林部の桑原雅美部長は「豊かな森林を次世代に引き継ぐためにも皆さまとの協力は不可欠。これからもご協力をお願いしたい」と呼び掛けた。続いて、県議会の狩野浩志議長は「これからは森林の維持が重要であり、これからも皆さまに力を発揮してほしい」と話した。また、関東森林管理局森林整備課の森内賀久課長も「林業の成長産業化のためにも皆さまとの連携は欠かせない」と話した。
20年度事業計画は◇育苗技術の向上と苗畑経営の合理化のための研修◇刈払機および作業機械などの安全教育◇苗畑品評会や苗畑視察などによる技術交流―などを掲げた。

ページトップ