建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者茨城県水戸市
見出し南消防署を移転/20年度の着工目指す/RC造3階建て延べ1947㎡ 免震構造  
掲載 2020年2月26日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 水戸市は2020年度から3カ年の実施計画で、消防・救急の充実として南消防署の移転改築に合計13億6800万円を計上した。基本・実施設計を㈱桜設計事務所(水戸市)で進めている。新年度後半に造成工および建築工に着手する。
 建設場所は元吉田町532―1ほか。白梅保育所の市道駅南59号線を挟んだ向かい側に位置する。敷地面積は3365・03㎡。このうち300㎡が県有地で、取得のため協議を行っている。
 新施設はRC造3階建て(免震構造)、延べ1947㎡。
 施設内部は、1階にエントランスホール、車庫、救急消毒室、出動準備室、防火衣洗濯乾燥室などを配置。
 2階には多目的会議室、トレーニングルーム、小会議室、署長室、書庫、事務スペース、指令スペース、展示スペースなど。
 3階に男子更衣室(56人)、男子睡眠室(17人)、救急隊睡眠室(3人)、食堂、女性用スペースなどとしている。
 屋上には受水槽式給水、倉庫、空調室外機などを置く。
 そのほか自家発電設備、雨水貯留槽、災害時汚水槽などを備える。
 出入口側には外来者用の階段とエレベーター各1基、建物内部に出動用の階段1基を設置する。
 トイレは各階に男・女用を置き、2階には多目的用も整備する。
 駐車場は来場者用に4台程度(障害者用1台)。職員用は別所に確保しているため敷地内には設けない。
 さらに、施設北側に機材庫などを備える別棟(RC造平屋、80㎡)も建設する。
 3カ年実施計画では、20年度に用地買戻し、建設工事に5億5100万円、21年度に建設工事に5億4500万円、22年度に建設工事に2億7200万円とし、22年度に完成を予定している。
 現在の南消防署(城南1―7―4)は、RC造4階建て、延べ824㎡。敷地面積は519・22㎡。築後約40年が経過して老朽化が進んでおり、女性用の設備など必要な諸室を確保するスペースがないことから、移転改築を行う。

【図=配置図、1階平面図】

ページトップ