建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し県建設業協会六日町支部でドローンの基礎学ぶ技術研修会  
掲載 2020年3月12日新潟建設新聞  
本文

 南魚沼建設業協会でこのほど、ドローンの運用基礎を学ぶ技術研修会が開かれた。県建設業協会六日町支部、県南魚沼地域振興局との共催による2019年度2回目の合同技術研修。69人が参加し、熱心に耳を傾けた。 講習冒頭であいさつした金井度量衡の坂木佑一郎開発部長は「アイコンストラクションにより16年から3次元測量で普及してきた。最近は操縦も簡単になってきたが、ヒューマンエラーによる墜落事故も多い」と現状を指摘。「会社名で飛ばして事故になっては大変なので、この講習で基礎を学んでほしい」と呼び掛けた。
「ドローンの運用基礎について」と題する講話を展開した同社ドローンスクールエンジニアの松島翔氏は、最初に「ドローンはセンサーの塊。構造をしっかり知っておくことが必要」と述べ、本体の基本構造と注意点を解説。電波について「2・4ギガヘルツの電波で免許は不要だが混線しやすい。機器の近くでは使用せず、遮蔽(しゃへい)物にも注意を」と語った。
 操作のポイントでは「人や物件などの現場周辺状況を認知し、適切な判断を下して操作するのがパイロットに必要なスキル。テクニックだけでは無意味」とし、慎重な判断能力が求められることを強調。自動操縦にも触れ「手動操縦は認知や判断等すべてが操縦者に委ねられるが、自動では飛行ルートを指定して機体が認知判断する。よりセンサーやプログラムがしっかりしていることが前提」と説明。
合わせてバッテリーの管理や法令の留意点にも言及した。

【写真=松島講師が気軽に質問に応じた】

ページトップ