建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者茨城県城里町
見出し20年度当初案/粗大ごみ施設に11・7億/解体は債務で4・1億/道の駅かつらは移転へ  
掲載 2020年3月13日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 城里町(上遠野修町長)の2020年度当初予算案は、一般会計の総額が125億700万円で過去最大規模となった。特別会計を含めた総額は200億5782万1000円で、200億円を超えたのは今回が初。主な事業では、不燃性粗大ごみ処理施設およびストックヤード建設事業に223カ年継続費11億7400万円を設定。22年度に着工する計画だ。道の駅かつらは移転する方針を示し、事業費2378万2000円を予算化した。

 予算額の大幅増は、新ごみ処理施設建設事業や防災無線デジタル化整備事業などの大規模事業の工事が最盛期を迎えたため。普通建設事業費は前年度比73・3%増の40億8989万2000円。
 不燃性粗大ごみ処理施設およびストックヤードは、建設中の新ごみ処理施設が完成し現施設解体後の跡地に建設する計画だ。
 3カ年継続費の年割額は20年度0円、21年度1億300万円、22年度10億7100万円。
 21年度に予定する施工業者の意向確認型指名競争入札に向け、20年度は発注支援業務を委託し、仕様書などの準備を進めていく。
 現施設の解体には債務負担行為で20~21年度の限度額4億1600万円を設定。20年度に発注支援の委託と施工業者の選定を行い、21年度に解体工事を行う。
 学校関係では、放課後児童クラブ整備事業に1億1764万5000円を新規で計上。石塚小と常北小で施設の設計および工事を行う。石塚は基本・実施設計を㈱桜設計事務所(水戸市)で進めている。常北は20年度早期に設計を指名競争入札で委託する。2校とも20年度中に工事を行い、同年度中の完成を目指す。
 町営南・米沢団地建て替え事業には1億1160万9000円を盛り込んだ。現住宅の解体、新住宅の建設、住民の移動を繰り返し、少しずつ建て替えていく計画で、実施設計および解体工事、新築工事に着手する。基本設計は㈱パル綜合設計(水戸市)。
 道の駅かつら(御前山37)は、那珂川大橋の架け替えに伴い数年後に移転する必要があるため、建て替えに向け20年度は基本構想および基本計画に着手する。
 道路関係の委託料や工事費を見ると、道路新設改良事業に3億6220万円、道路維持事業に1億6608万1000円、橋梁維持事業に6310万円、河川総務事業に5700万円を配分。
 道路新設改良は、町道19号線(真端)や町道1477号線(石塚)の改良工事、残土ストックヤード整備工事(下阿野沢)などを進める。
 新規では、地区計画道路9―4号線(石塚)の設計および用地取得、町道8―0375号線(高久)の地形測量および設計、町道8―0184号線(上圷)の地形測量など。
 防災行政無線デジタル化整備事業では3億8563万3000円を措置。5日に工事の指名競争入札が行われ、扶桑電通㈱(東京都中央区)が3億7300万円(税抜き)で落札した。同社との契約案件を本議会の最終日に上程し、議決を求める。
 本工事は19年に公募型プロポーザルで㈱富士通ゼネラル(神奈川県川崎市)を選定し仮契約を結んだが、議会で3度否決されている。
 新ごみ処理施設建設事業には20億9203万8000円を配分。エスエヌ環境テクノロジー㈱・コスモ綜合建設㈱JVで建設を進めており、21年3月の竣工を予定している。
 衛生センター更新事業には2億9986万9000円を計上した。水ingエンジニアリング㈱(東京都港区)が施工している。
 公共下水道事業会計では、流域下水道事業に2億7920万3000円を盛り込んだ。汚水管渠埋設工事や公共升設置工事、実施設計を補助分1306m、単独分477mで推進する。
 また新規でストックマネジメント計画策定業務に1200万円を付け、下水道施設の調査・点検を行い、今後の修繕・改築計画を策定する。
 農業集落排水事業会計では、町内5地区の農業集落排水処理施設や中継ポンプ施設などの維持管理を行うとして5362万2000円を措置した。
 このほか、供用開始から17年を計画する青山地区の農業集落排水処理施設の機能診断を実施する。事業費は500万1000円。
 水道事業会計では、基幹施設の排水ポンプ設備および沈殿池排泥設備の更新を行うため1億5125万円を新規に予算化した。

当初予算案の主な事業

■《新》不燃性粗大ごみ処理施設およびストックヤード建設事業=11億7400万円(20~22年度継続費)
■《新》ごみ処理施設解体事業=4億1600万円(20~21年度債務負担行為)
■《新》放課後児童クラブ施設整備事業=1億1764万5000円
■町営南・米沢団地建て替え事業=1億1160万9000円
■《新》道の駅かつら建て替え事業=2378万2000円

城里町の2020年度当初予算案
ページトップ