建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者長野県
見出し開札翌日にHPで/委託の設計書公表/4月から  
掲載 2020年3月20日長野建設新聞  
本文

 県は委託業務の受注希望型競争入札で、契約締結後に発注機関で公表している「公表用設計書」を、開札日翌日から県入札情報システムで公表することを決めた。4月1日以降の公告案件から運用する。
 県は入札の透明化と契約の適正化を図るため2017年度に疑義申立て制度を創設。建設工事では18年度から開札後に「開札後公表設計書」を公表し、疑義申立てを受け付けている。
 一方、委託業務では設計書の作成方法が統一されておらず、開札後公表設計書を作成・公表することが難しい状況であったため、現在は予定価格のみを公表し、疑義申立てを受け付けている。3月11日付で「建設コンサルタント等の業務入札契約情報公表要領」を改正し、開札後に「公表用設計書」を公表し、疑義申立てを受け付けることにした。
 公表時期は開札日の翌日。疑義申立て期間に変更はなく、公表開始日を含め2日間とする。

ページトップ