建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県八潮市,埼玉県草加市,埼玉県三郷市
見出し八潮市・草加市・三郷市が道路研究会を発足  
掲載 2020年3月20日埼玉建設新聞  
本文

 八潮市、草加市、三郷市の3市は17日、八潮市庁舎で「(仮称)埼玉県東南部地域道路研究会」を開催した。県東南部地域に位置する3市が協力し、道づくりとまちづくりについて、情報や考え方の共有を図ることが目的となる。研究会には大山忍八潮市長、浅井昌志草加市長、木津雅晟三郷市長をはじめ、三郷市の吉木務副市長らを含めた17人が出席。3市の将来を話し合った。
 初回となったこの日、大山市長は会の設立目的として「県東南部では、東京外環自動車道八潮パーキングエリア整備や三郷スマートインターチェンジのフル化、東埼玉道路の延伸に伴うアクセス道路の整備など、さまざまな事業が動き出しています。各事業を情報共有し、さらに地域を良くするため、関係3市が勉強する場としてこの会を設立したいと考えております」とあいさつ。
 続いて「これからの東南部においては、人・物・物流を含めた多くの面で、経済の大きな飛躍が期待できると思っています。さまざまな課題もありますが、お互いに情報を共有していくことが重要だと思いますので、今後ともよろしくお願い致します」と話し、会の発足を宣言した。
 研究会の内容は八潮市から後日公表される見通しだ。

【写真=3市共同を宣言(右から木津市長、大山市長、浅井市長)】

ページトップ