建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者茨城県茨城西南地方広域市町村圏事務組合
見出し2カ年2・8億を措置/古河駅に消防施設新築/20年度予算  
掲載 2020年3月27日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 古河市、下妻市、坂東市、常総市、八千代町、五霞町、境町で構成する茨城西南地方広域市町村圏事務組合(管理者=針谷力古河市長)の2020年度予算がまとまった。主なものでは古河駅西口地区の常備消防施設新築に2カ年継続費2億8687万1000円を措置した。
 古河駅西口地区常備消防施設新築では旧日光街道を中心とする住宅密集地に消防庁舎(出張所)を整備し、消防能力の強化を図る。建設予定地は古河市本町1-4434-17ほか。S造2階建て、延べ410㎡を想定している。
 継続費の内訳は20年度1億1139万9000円、21年度1億7547万2000円となっている。このうち20年度は工事に1億907万1000円、監理委託に232万8000円を配分する。
 施設維持関係では猿島分署(坂東市山2793―3)の車庫アスベスト除去改修で工事に1666万5000円、監理委託に110万円を設定した。施設概要は1976年築のRC造(一部S造)2階建て、延べ305・1㎡。
 また石下分署(常総市本石下4596)で工事費1598万円、監理委託料130万円を充て、庁舎の屋上・外壁改修を実施する。同分署は75年築のRC造(一部S造)2階建て、延べ369・64㎡。
 このほか総和消防署(古河市下大野752-2)の浄化槽設置に480万円を付けた。
 一般会計の総額は46億6054万円で対前年度比4・3%(1億9072万4000円)の増となった。
     ◇
 20年度予算の主な事業は次のとおり。
 【消防費】
 ◆消防管理
 ◇修繕=2716万7000円
 ◇工事=52万8000円
 ◆施設整備
 ◇猿島分署車庫改修工事(アスベスト除去)監理=110万円
 ◇三和分署車庫増築工事設計=67万8000円
 ◇石下分署庁舎屋上・外壁改修工事監理=130万円
 ◇猿島分署車庫改修工事(アスベスト除去)=1666万5000円
 ◇石下分署庁舎屋上・外壁改修工事=1598万円
 ◇総和消防署浄化槽設置工事=480万円
 ◆古河駅西口地区消防施設
 ◇新築工事監理=232万8000円
 ◇新築工事=1億907万1000円
 【利根老人ホーム事業特別会計】
 ◆施設事務・修繕=156万2000円
 ◆生活・修繕=57万3000円

ページトップ