建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉西部消防組合
見出し埼玉西部消防組合の20年度当初予算  
掲載 2020年4月2日埼玉建設新聞  
本文

 埼玉西部消防組合(管理者=藤本正人所沢市長)は1日、2020年度当初予算を公開した。組合初の一般競争入札を導入する。対象工事は3件・計5488万円の工事費で、狭山消防署広瀬分署給排水管工事、入間消防署西武分署外壁塗装工事、飯能日高消防署日高分署外壁塗装工事となっている。いずれも4月に設計業務を指名通知する。9月ごろの着工を目指し、7~8月に公告する見通しだ。
 狭山消防署広瀬分署(狭山市広瀬2-3-30)の改修は、給水管・給湯管・排水管・浴室・トイレなどが対象。工事費1963万5000円、設計費314万2000円、監理費117万9000円を確保した。施設はRC造2階建て、延べ床面積518・52㎡。1979年に竣工した。
 入間消防署西武分署(入間市野田2182)では外壁塗装と防水工事を計画。工事費1465万8000円、設計費154万6000円、監理77万3000円を充てる。施設規模がRC造2階建て、延べ床面積556・92㎡。88年に完成した。
 飯能日高消防署日高分署も外壁塗装を行う。工事費は2058万7000円、設計費が249万4000円、監理費は93万6000円となっている。76年竣工の施設についてはRC造2階建て、延べ床面積1419・11㎡。
 そのほか所沢東消防署防火槽解体工事費1650万円、所沢中央消防署防火槽解体工事費1100万円などを予算化している。
 一般会計は前年度比3・05%減の98億1953万4000円。

ページトップ