建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県久喜宮代衛生組合
見出し久喜宮代衛生組合が20年度予算でLED化に工事費3285万円  
掲載 2020年4月6日埼玉建設新聞  
本文

 久喜宮代衛生組合(管理者・梅田修一久喜市長)は2020年度予算で照明LED化に向けた工事費総額3285万7000円を確保した。久喜宮代清掃センターなど3施設を対象に、屋内外の水銀灯116基を取り替える。また、新し尿処理施設の有力な候補地となっている八甫清掃センターで、大規模改修を見据えた長寿命化総合計画策定支援業務に委託費990万円、生活環境影響調査には委託費2200万円の債務負担行為(20~21年度)を設定した。
 照明LED化は、21年1月から水銀灯の製造や輸出入が禁止されることを受け、清掃センター3カ所の照明を一斉に更新するもの。敷地内の街路灯をはじめ、ごみ処理施設内、し尿処理施設内の水銀灯も取り替える。
 設計は直営で6月をめどにまとめる。発注方式や時期は未定。各清掃センターで対象となる照明数は別表のとおり。
 また、新し尿処理施設の整備候補地となる八甫清掃センターでは、同地に決まった際に備え予算を確保した。国の交付金対象事業とするため、改修に向けた長寿命化総合計画するとともに、適正な環境配慮を行うための現況調査を実施する。
 現在、し尿処理施設を八甫清掃センターに統合する方向で久喜市が地元調整を進めている。
 予算総額は39億1267万9000円となり、対前年度比6・5%増となった。

【別表=各清掃センターの照明数】

各清掃センターの照明数
ページトップ