建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県さいたま市
見出し県土整備部が立体交差事業で実施設計着手へ  
掲載 2020年4月7日埼玉建設新聞  
本文

 県土整備部は、東武鉄道伊勢崎線・野田線連続立体交差事業に取り組んでいる。2020年度は高架橋に関する実施設計に着手。施工主体の東武鉄道と近く20年度分の協定を結ぶ。締結後、県が負担金を支出し、同社が業務委託する。さらに、県では用地買収を進める方針。20年度の事業予算額は20億6000万円で、大半を用地買収に充てる。
 実施設計の延長は東武鉄道伊勢崎線の事業区間1・6kmのうち、春日部駅から北春日部駅方面が対象となる。正確な設計延長は今後固める方針。基本設計については東日本総合計画が作業を進めている。
 事業区間は東武伊勢崎線が春日部市南1丁目~粕壁4丁目の延長約1・6km。東武野田線は春日部市粕壁字八木崎~南1丁目の延長約1・9km。鉄道を高架化し、10カ所の踏切を除却する。31年度の事業完了を目指す。県と東武鉄道は1月に施行協定を締結。全体事業費は約650億円としている。内訳は国・春日部市の負担を含んで県が約510億円、東武鉄道は約140億円。

ページトップ