建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省信濃川河川事務所
見出し第二床固が本格着工で鋼殻ケーソンを据付け  
掲載 2020年5月13日新潟建設新聞  
本文

 大河津分水路改修事業の第二床固改築工事で、5日に鋼殻ケーソンが施工位置に搬入され、本格的な工事が始まった。
 河口の泊地から起重機船等により約250m曳航され、野積橋付近から残り200mは、起重機船を切り離し、アンカー設置によるウインチで引き込み据え付け位置まで運ばれた。今後はコンクリートを流し込むなど埋設作業に入る。
 今回設置された鋼殻ケーソンは幅15・1m、長さ28・1m、高さ11・5m、総重量450t。昨年11月に九州から輸送されている。
 本格着工を迎えた第二床固改築第1期工事では、川側に同様のケーソン9函を設置。工事は鹿島建設・五洋建設・福田組JVが担当しており、工期は2022年度末までを予定する。
 山地部掘削、野積橋の架け替えを含め大河津分水路の改修事業は2032年度の完了を目指しており、総事業費には約1200万円を想定する。

【写真=曳航される鋼殻ケーソン】

ページトップ